Logo black

BEAUTY 2017.12.27

六本木で温活!?
ふかふかの「米ぬか酵素浴」で
気持ち良く体を整えよう

Bonjour de こんにちは 六本木

冷えは美容と健康の大敵。これまでもホットヨガや岩盤浴、体を温めるさまざまなグッズなどが流行ってきましたが、最近Wowful Magazineが注目しているのが「米ぬか酵素浴」です。米ぬかと水を混ぜておくことで生じる「発酵熱」を利用した温浴法で、じんわりと体の芯まで温まり、温泉のようにリラックスできるのだとか。この米ぬか酵素浴が六本木にあると聞きつけ、さっそく体験してきました。

おしゃれで清潔な空間
でも、においにびっくり!

入店すると、壁一面に描かれたポップアートが目に飛び込んできます。ここに描かれた女性、実は女優の夏木マリさんなのだそう。「Bonjour de こんにちは」は、大阪のとある施設で米ぬか酵素浴に出会った夏木さんが、東京でもぜひ! と希望したことから始まりました。そのため、内装やインテリア、スタッフのユニフォームなども夏木さんがディレクションしています。

まず初めにカウンセリング。体調や既往症の確認をし、初回はこの後の流れも説明してくれます。例えば、「汗を流して二日酔いを吹き飛ばしたい」という人がときどき来店するそうですが、途中で気分が悪くなったりしないよう、スタッフが温浴時間を調節したり、水分補給の回数を増やすなどの配慮をしているそうです。

店長の田中 珠里(じゅり)さんは、透明感のあるツルツル肌の持ち主。あまりの美肌っぷりに、これから体験する酵素浴への期待が高まります。

「美容に関心の高い女性はもちろん、男性のリピーターも多いお店です。体が温まり発汗性も高まるので、運動不足の人にもオススメなんですよ」

カウンセリングが済んだら、こちらの洗面台でメイクを落とし、個室のパウダールームで室内着に着替えます。鏡に映っているのが個室のドア。壁やドアの文字、タオルもトリコロールカラーで統一されています。センスが良く、清潔感があって気持ちの良い空間。

着替えている間に、スタッフが浴槽内をスコップでよくかき混ぜて、発酵を促します。発酵によって生じる熱は、50~70℃ほど。営業終了後に米ぬかを足して手入れをし、夜中に発酵が進むため、特に午前中は一番風呂のように温度が高めになります。熱めの温度が好きな人は早めの時間帯に行くのがベストだそうですよ。

酵素浴というと、おがくず浴の店が多いのですが、「Bonjour de こんにちは」では、ビタミン類が豊富に含まれ、おがくずよりも発酵熱がしっかり上がる、米ぬかにこだわっているそうです。

着替えが終わった頃に、スタッフが迎えに来てくれます。館内着を着た状態で、浴槽へ。いよいよ、米ぬか酵素浴体験スタート!


顔からも汗が吹き出すなんて
初めての体験!

浴槽のある部屋は室温も高めで、館内着だと暑いと感じるほど。感覚としては亜熱帯くらいの室温と湿度です。

部屋のカーテンを閉め、館内着を脱いでから浴槽へ。体が隠れる程度に自分で米ぬか酵素をかけたら、スタッフに声をかけます。自分でかけられない部分はスタッフが米ぬか酵素をかけてくれるのですが、じわじわと体の芯まで熱が伝わっていく気持ち良さがたまりません。

温浴を始めて7〜8分経ったあたりから、急激に汗が出てきました(時間には個人差があるそうです)。顔からも汗が噴き出し、ツーっと伝わり落ちるほど。日頃のストレスも、汗とともに米ぬか酵素へ溶けて消えていくよう。

温浴中は、スタッフが「熱すぎませんか?」「お水をどうぞ」と声をかけてくれたり、顔の汗を拭いてくれたり。その優しさが心に染み渡ります。

古来から美容に良いとされている米ぬかには、ミネラル、ビタミンB群、ビタミンE、米ぬかセラミドなど肌の健康に欠かせない成分がたっぷり含まれているのだとか。しかも、その米ぬかに埋もれるってことは、全身つるスベになれちゃうってことでは!? 髪も元気になるという評判で、常連客の中には、シャワーキャップをかぶらず、髪まで酵素に埋もれる人もいるそうですよ。

初回は、さらに米ぬかパックがサービスに。体が温まって毛穴が十分開いたところで、スタッフが丁寧に顔全体に伸ばしてくれます。

この辺りになると、体感温度がかなり熱くなってきます。今の体温、おそらく37〜38℃くらいありそう。そういえば、体温が1℃上がると、免疫力が上がるんだっけ? いや、それでもやっぱり暑すぎる! すると「足だけでも外に出しますか?」と絶妙なタイミングでスタッフが声をかけてくれました。

「はい、手も足も出しちゃってください!」と手足の米ぬか酵素を退けてもらうと、再び快適な状態に。5分ほどおき、パックを拭き取ってもらったら、温浴終了。


ぽかぽか感が継続し
夜は熟睡できて疲れもスッキリ

温浴後は、シャワールームで米ぬか酵素を流します。酵素は肌からも浸透すると言われているため、ボディシャンプーは使わず、お湯で流す程度が良いそうです。

パウダールームに戻ったら、サービスのミネラルウォーターでしっかり水分を補給。外気が入る休憩スペースもあり、そこで涼むこともできます。1本水を飲み終わってからも汗が引かず、しばらくの間メイクができなかったほど。その後もぽかぽか感が1日続きました。

その日の夜はぐっすり眠れ、翌朝の目覚めはスッキリ。疲れやすい人や冷え性の人にも、米ぬか酵素浴で温活、かなりオススメです。

Bonjour de こんにちは

住所
東京都港区六本木3-14-12 六本木3丁目ビル3F

TEL
03-3478-0666

営業時間
10:00〜20:00

定休日
年中無休(年末年始を除く)

プラン料金 
3,780円(全身浴15分+シャワー+着替え)
初回は通常500円の米ぬかパックが無料

その他詳細はこちらから