Logo black

CAMP 2017.12.27

森に浮かぶ奇妙な球体とは?
公園の中で楽しむ
新しい宿泊の形

INN THE PARK 静岡県沼津市

株式会社オープン・エーが運営する「INN THE PARK」は、静岡県沼津市にある公園一体型宿泊施設です。林間学校などに使われていた「沼津市立少年自然の家」の跡地をリノベーション。宿泊、飲食、自然体験が楽しめる複合施設として2017年10月7日にオープンしました。各所から注目されているこの施設の魅力に迫ります!


「INN THE PARK」は東名高速道路の沼津インターチェンジから約10分の場所にあります。インザパークという名のとおり「寝る、食べる、遊ぶ」を公園内で行なうというのがテーマ。「公園で遊ぶ延長線上に、ご飯が食べられて、お酒が飲めて、宿泊がある、そんな施設を目指したんです」とスタッフの山家さんはいいます。

奇妙で美しい球体型テントは
森を身近に感じられる宿泊施設

この施設内に宿泊場所は複数ありますが、ひと際目を引くのが森の中にある4つの球体型テントです。特に「吊りテント」のインパクトは絶大で、森の中に宇宙船が浮いているかのよう。「とにかく既視感のないユニークなものを作りたかった」という山家さんですがその狙いは成功でしょう。「木々の中にたたずむ白い球体」という奇妙な光景はここでしかお目にかかれませんし、これが宿泊施設なのだから驚きです。

「吊りテント」に入室してみると、インテリアは非常にシンプル。シングルベッドが2つ、照明、小型ヒーターがあるだけ。また天窓があり、そこから森の様子や夜空を観察できるのが楽しいです。程よい揺れを感じますが、ハンモックの上にいるようで心地よく、ついついまどろんでしまいます。


夜の森を彩るのは
テントから漏れる明かり

日が傾くにつれてテント内の明かりが浮かび上がり森は幻想的な風景に

辺りが暗くなるにつれて、テントの照明がぼんやりと浮かび上がってきます。その光景は幻想的で、眺めているだけで飽きません。また音も魅力。耳を澄ませると、近くを流れる小川のせせらぎや、風に揺れる枝葉が音が聞こえてきて、森を近くに感じられるのです。自然の中で一夜を過ごしているのだと、改めて思わせてくれます。


宿泊棟はホテルのように快適
林間学校の面影も

宿泊棟には林間学校で使われていたときの設備が残っています

「INN THE PARK」には屋内型の宿泊施設もあります。1棟貸切りで定員は8名まで。ベッドルーム4部屋、和室1部屋、トイレ、洗面場を完備。アメニティはホテル並みで快適に過ごせます。壁や床には木材がふんだんに使われており、建物に入ると木のよい香りが。また、林間学校に使用されていた「沼津市立少年自然の家」をリノベーションしただけあり、下駄箱や大浴場などは、当時の面影を感じられるのがおもしろいですね。


絶景や食事を楽しみ
周辺の自然を散策しよう

大きな窓からは伊豆の山、駿河湾、沼津の街が一望できます

屋外のBBQ場。宿泊客にも調理に参加してほしいという理由からBBQスタイルを採用しています

モダンな白い外観が印象的な本館には、フロントと広々としたサロンが。ソファなどが置かれたサロンは、宿泊客なら誰でも自由に使用可能です。大きな窓からは、伊豆半島の山々、駿河湾、沼津の街並みを望めます。食事は屋外のBBQ場で。地元で採れた食材にこだわっているというメニューは季節によって変わります。

施設周辺には芝生広場や小川など散策できる場所が数多くあります。春はさくら、夏はホタル、秋は紅葉など、四季折々の魅力があるのでいつ訪れても満足できるでしょう。ここには、旅館やキャンプでは得られない、ユニークな感動がたくさん。少し変わった宿泊をしたいなら「公園の中に泊まる」という体験をしてみませんか。

INN THE PARK(イン・ザ・パーク)

住所
静岡県沼津市足高220-4

TEL
055-939-8366

営業時間
公式サイトでお問い合わせください

定休日
不定休

価格
吊テント ¥21,600(定員2名)
ドームテント ¥17,280(定員2名)
宿泊棟 ¥54,000
※別途食事代1人あたり¥5,400がかかります

その他詳細はこちらから